▼目次

ラダーバレルって何?
ラダーバレルを使ったエクササイズ
ラダーバレルの効果
ラダーバレルのメリット
ラダーバレルを体験できる場所

ラダーバレルって何?

ラダーバレルとは、ピラティスの創始者であるジョセフ・ピラティス氏が作り出したエクササイズ器具。

その名の通り、ラダー(ladder:はしご)とバレル(barre;:樽)の2つの部分で構成されている、一見「跳び箱」のようなデザインの装置です。

ピラティスさんは最初、空のビール樽を利用してこの装置を作ったそうですよ。

樽の部分がカーブを描いていて、ピラティスの大型マシンと比べると可愛らしい外見。
リフォーマーとかキャデラックはゴツゴツと角張っていて、いかにも「装置」という印象ですからね。

そして、ラダーバレルの特徴であるこのカーブこそ、他のマシンとは違ったタイプのエクササイズをするのに役立つのです。

ラダーバレルを使ったエクササイズ

ラダーバレルではどんなエクササイズができるのでしょうか? 
いくつかご紹介します。

 

カーブのおかげで、背中を気持ちよく伸ばせます。
胸やのどが大きく開かれる開放感も味わえる!

画像出典:Full Circle Studio

 

カーブの上にまたがって行なう「ホースバック」。
ラダーバレルでしかできないエクササイズです。

画像出典・Pilatesloggy

 

 

体側や脚のストレッチもこの通り。
座って行なうより、筋肉を深く伸ばせます。

画像出典:Pilatesology

 

背筋を鍛えるエクササイズ。
足をはしごに引っ掛けられるから、充分に筋肉に効かせられる!

 

 

慣れてくると、ヨガのシルシャーサナのように逆さまになることも可能。
バランス感覚も身に付きます。

ラダーバレルの効果

ピラティス創始者のジョセフ・ピラティス氏は、「器具なしでのエクササイズは、効率的ではない」と言っていたそうで、本格的なピラティスでは何かしらの道具やマシンを使うのが一般的です。

器具を使うと筋肉にほどよい負荷をかけられるから、短時間のエクササイズでも効果が出るのです。

 

ピラティス初心者であれば、”柔軟性の向上” や ”背骨の動きを活性化” を目的としてラダーバレルを使うと良いでしょう。

ラダーバレルの特徴であるカーブを利用すれば、誰でも簡単にストレッチができ、背骨の伸展や屈曲をスムーズにすることができます。

ラダーバレルで腹筋や背筋を鍛えるエクササイズは、どちらかというと上級者向けですが、上手に使えば猫背や腰痛の改善にも繋がります。

ラダーバレルのメリット

普通のマットピラティスでも、身体の柔軟性を高め筋肉を鍛えることはできるのですが、ラダーバレルを使うと、より強度の高いエクササイズが可能となります。

例えば、サイドシットアップは、ラダーバレルを使うとマットで行なうよりも脊柱を大きく動かすことができるので、その分コアの筋肉が鍛えられるのです。

画像出典:Absolute Center

 

上級者になると、バレルの上でショートバックスシリーズもできるようになります。

 

また、ピラティスの器具はすべて、効率的に筋肉を鍛えるだけでなく、体をサポートする役割もあります。

ラダーバレルの場合、背骨が均一にバランス良く動くようにサポートしてくれます。

”体力に自信がない人” や ”ケガや病気の回復期にある人” でも安全にエクササイズができるという点も、ラダーバレルを使うメリットでしょう。

ラダーバレルを体験できる場所

特に普段デスクワークをしている人や、スマホの長時間利用で背中が丸まりがちな人は、ラダーバレルを利用すると姿勢改善効果を感じられるはず。

一度体験してもらいたいです。

「ぜひ一家に一台」と言いたいところですが、このラダーバレル、けっこう良いお値段します。

Amazonで40万円。

大きいので場所も取りますし、一般家庭での購入はなかなか難しいですよね。

 

気軽にラダーバレルを使ったエクササイズを体験するには、ピラティス専門スタジオに行く方が良いかもしれません。

「basiピラティス」では、ラダーバレルを含め、様々なピラティスマシンが揃っています。
体験レッスンを行なっているので、興味があれば行ってみて!