▼目次

ピラティスリングとは
ピラティスリングを使ったエクササイズ
エクササイズの効果を上げるコツ
ピラティスリングの効果・メリット
ピラティスリングの選び方

ピラティスリングとは

画像出典:Amazon

 

ピラティスリングは、ピラティスの創始者であるジョセフ・ピラティス氏が考案したエクササイズ器具。
彼は最初、樽の輪っかを利用してこの器具を作ったのだそうです。

ピラティスリングは、別名が数多くあり、マジックサークル、フィットネスサークル、エクササイズリング、フィットネスリングなどとも呼ばれています。

構造はいたってシンプルで、直径35㎝ほどの弾力のあるリングに、2つのパットが付いているだけ。
昔は、リングの外側だけにパットが付いていましたが、近年ではリングの内側にもパットがあるものが主流となっています。

リングの素材は100%ゴム素材、あるいは金属をゴムでコーディングしてあるものがあります。
耐久性や効果を考えると、金属を使ってあるものがおすすめです。

ピラティスリングを使ったエクササイズ

ピラティスリングではどんなエクササイズができるのでしょうか? 
いくつかご紹介します。

 

引き締まった脚を作るエクササイズ。
リングを押しつぶすようにゆっくりと動かすのがコツ。内ももに効く!

画像出典:PopCulture.com

 

 

ロールアップエクササイズの時に、脚でリングを挟むと、体幹と同時に脚も鍛えられて一石二鳥。

画像出典・LiveStrong.com

 

 

手でリングを押しつぶすと、肩や胸周りも強化できる!
このエクササイズで、脚にリングを挟むと、ヒップアップ効果が高まります。

画像出典:Decathlon

 

 

ストレッチの補助具としても活躍します。

 

画像出典:Fitness.com

 

エクササイズの効果を上げるコツ

ピラティスは、身体を正しく使うことで全身のコーディネーションが身に付き、結果として筋肉が引き締まってシェイプアップできるエクササイズです。

ちょっとした姿勢や動きによって得られる効果が違ってくることもあり、正しく行わないと筋を痛める可能性もあります。

ピラティスリングなどのアイテムを使うと、それだけ身体の使い方も複雑になるので、初心者はできるだけインストラクターの指導を受けるようにしてください。

自己流でやるより、基礎だけでも指導を受けた方が、後々の効果が違ってきます。

ピラティスリングの効果・メリット

「早く確実にシェイプアップしたい」
「筋肉に効いている感覚が欲しい」
「安全にほどよい負荷でエクササイズしたい」

ピラティスリングなら、そんな希望を叶えてくれます。

初級者から上級者まで、誰でも効果を感じられる

ピラティスリングは、ピラティス初心者から中級者・上級者まで有効活用できる優れたエクササイズアイテムです。

初級者の場合は、ピラティスリングを使うことで、エクササイズで使われる筋肉に意識が向きやすくなります。
とくに、”コアを使う” とはどういうことなのかが分かるようになるはず。

身体が不安定だと感じる時でも、リングに圧を加えるとコアがうまく使えるようになるので、各動作を正しい姿勢で行なえるようになるでしょう。

中級者や上級者は、リングの抵抗力を活かして効率的に筋肉を鍛えられます。

例えば、ハンドレッドをやる時にリングを使うと、体幹だけでなく脚の筋肉にも効かせられます。
その分、運動強度は上がりますが、短時間で多くの効果が得られるのです。

 

↓ 呼吸に合わせて腕を上下に振る「ハンドレッド」でも、ピラティスリングは活躍!

軽くて扱いやすい

ピラティスリングの重さは、約250gほど。

500mlペットボトルの水半分くらいの重量ですね。

軽くて扱いやすいという点も、女性に人気がある理由でしょう。
ダンベルよりも抵抗力が少ないので、ケガをする心配がないし、筋肉が鍛えられすぎてムキムキになることもありません。

ピラティススタジオでは高齢者や妊婦、リハビリ中の人のエクササイズアイテムとして使われています。

ピラティスリングの選び方

ピラティスリングは小さくて軽いので、家に1つ置いておき、自宅エクササイズするのも良いのではないでしょうか?

値段も安価で、ゴム製のものは700~800円ほど。

スチール製のものはちょっと高めですが、強度と耐久性があります。