■レギンスを選ぶときの注意点

ヨガ用ボトムスとして人気のあるレギンスですが、選ぶときに注意すべきことがあります。

レギンスは、体にぴったりフィットすることが特徴ですが、それゆえ、下着のラインが透けやすいものが多くあります。
黒などの濃い色のレギンスでも、意外と透けやすいです。

普通に立っているときは透けていなくても、ダウンワードドッグなどのヨガポーズをすると、下着の線がくっきり、なんてことも。
自分では見えないので、気付いていない人がけっこういます。

ヨガ用ではないレギンスは、下着が透ける可能性が高いですし、ヨガ専用ブランドの中にも透けやすいレギンスがあります。

タイツ地のような素材は透けやすく、水着のような素材のレギンスは透けにくいようです。
また、単色よりは、柄のレギンスの方が透けにくいです。

ただ、一概には言えないので、買う時に試着してみてください。
ちょっと恥ずかしいですが、鏡の前で立って前屈し、お尻を鏡に映して透けてないかチェックすると良いです。

もし、持っているレギンスが、下着が透けるものだとしても、がっかりすることはありませんよ。
ショートパンツと合わせれば問題なく履くことができます。

Real Stone レギンス

【Pullush】

Pullush シリーズのレギンスは、水着のような素材を使用しているので、透けにくいです。
一枚で履いても大丈夫!

【Nadie】

Nadie シリーズのレギンスは、タイツのような素材なので、透けやすいです。
ショートパンツと合わせて履く!

■ヨガウェア ボトムスの種類

ヨガ用のボトムスには、身体の動きを妨げない「伸縮性」と、汗をかいても不快感のない「吸湿速乾性」が必要です。
いろいろなタイプのボトムスがあるので、ご紹介します。

シンプルなパンツ

誰でも履きやすく、クセのないシンプルなパンツ。
丈は、フルレングスより短めのものが動きやすいです。

サルエル風パンツ

ゆったりしているデザインで、気になる腰回りをカバー。
裾がすぼまっていて、もたつくこともなく、動きやすいので人気があります。

レギンス

身体にぴったりフィットしたレギンスは、動きやすく、ヨガのポーズもきれいに見えます。5分丈、7分丈、10分丈、足裏に掛けるトレンカタイプなどもあります。

ショートパンツ

レギンスの上に履けば、お尻をカバーできます。
丈の長さや裾の広がり具合でスタイルや雰囲気が変わるので、自分に合ったものを選びましょう。

■ホットヨガでのボトムスはどんなものがいい?

ホットヨガでは大量の汗をかくので、何よりも吸湿速乾性のあるボトムスを履くことが大切です。

綿のジャージー素材などのボトムスは、汗を吸い取って重くなるので、止めた方が良いでしょう。

そして、生地に伸縮性があることも重要です。

ホットヨガでは、室温の高い所で動くので、筋肉がほぐれやすく柔軟性が増します。
柔らかくなった身体の動きを妨げないボトムスを履いてください。

ポリエステル素材のサルエルパンツや、レギンスがホットヨガで人気があります。
(上で書いたように、レギンスは下着の透けに注意!)

 

↓ レギンスが大活躍するホットヨガ。 店舗数が多い「LAVA」か「カルド」がオススメです。 敷居が低いので、体の固さや年齢を気にすることなくヨガを楽しめます。