Yoga is the lifestyle.

■ヨガで痩せたい! 消費カロリーと基礎代謝

ヨガで楽しく健康的に痩せられたら、良いですよね。

体を動かすヨガには、もちろんダイエット効果があります。
週1~2回、パワーヨガなど運動量の多いレッスンを継続して3ヶ月行えば、身体が引き締まってくることに気付くと思います。

ただ、ヨガをすることによる消費カロリーは、高くありません。
年齢や体重などによって差はありますが、体重50kgの場合、1時間のハタヨガレッスンでの消費カロリーは125kcal、パワーヨガの場合は200kcalです。
他のエクササイズの消費カロリーを見てみると、エアロビクスは365kcal、軽いランニングは415kcal、ウォーキングは215kcalとなっています。

これらと比べると、ヨガの消費カロリーはエクササイズの中では ”低い” ということが分かります。(参照:Mayo clinic

常温のヨガでもホットヨガでも、消費カロリーに差はありません。
暑いと消費カロリーも多くなるのではないかと思いがちですが、外気温による消費カロリーへの影響はほとんどないため、ホットヨガで汗をたくさんかいても消費カロリーは上がらないのです。

ヨガで痩せられるのは、運動でカロリーを消費したからというより、基礎代謝が上がるためと言えるでしょう。
基礎代謝を上げることは、ダイエットに一番有効な手段です。
基礎代謝とは、呼吸、体温調節、内臓の活動など、生命維持のためのエネルギーで、安静にしていても使用されるエネルギー消費のこと。

一日の総消費カロリーのうち、基礎代謝は6割をしめ、運動を含む身体活動で3割、食事による熱生産で1割です。(参照:厚生労働省

基礎代謝が上がれば、何もしなくても消費するエネルギー量が増え、痩せやすい身体になります。

次に、なぜヨガで基礎代謝を上げられるのかを解説します。

■ヨガで基礎代謝を上げよう

ヨガは、消費カロリーこそ高くありませんが、基礎代謝を上げる効果があります。
基礎代謝とは、生きるためのエネルギー消費、つまり、動かなくても身体が必要とするカロリーのことです。
基礎代謝を上げるために必要な条件が、次の5つです。

  1.  体温の上昇
  2. 血行改善
  3. 心肺機能の活性化
  4. 筋肉の増強
  5. 頭脳の活性化

5つの必要条件すべては、ヨガをすることで補えます。
1つずつ見ていきましょう。

1. 体温の上昇

身体は、体温を保つためにエネルギーを使っていて、体温が高いほど基礎代謝が高くなります。
ただ、お風呂や室温などの環境によって一時的に体温をあげても、基礎代謝は上がりません。
基礎代謝を上げるには、筋肉を使う運動によって体温を上げなくてはダメなのです

ヨガで筋肉を鍛えることにより、体の内側から熱が生まれ、体温が上昇します。

2.血行改善

血行、すなわち血の巡りがよくなると身体のすみずみにまで酸素と栄養素が運ばれ、内臓機能がアップして基礎代謝が上がります。
内臓で消費されるエネルギーが多いほど、人は活力が出ます。
ヨガの腹式呼吸は、自律神経を整えて血行を良くするので、内臓が活性化して代謝が高まる効果があります。

3.心肺機能の活性化

息を吸ったり吐いたりという普段意識していない身体の活動でも、カロリーを消費しています。
ヨガで行なう深い腹式呼吸は、有酸素運動になり心肺機能が鍛えられるので、呼吸によってエネルギー消費を上げることが可能なのです。

4.筋肉の増強

筋肉が増えると、その分基礎代謝も上がります。
ヨガでは、大きな筋肉だけでなく、小さな筋肉やインナーマッスルも鍛えることができます。
身体全体の筋肉を使うことで、効率的に基礎代謝を上げることができます。

5.頭脳の活性化

脳の体積は身体の2%しかありませんが、脳が使うエネルギーは、基礎代謝量の20%を占めると言われています。
そして、脳が活発になるほどエネルギー消費も大きくなることが分かっています。
ヨガでアーサナに集中すると、瞑想と同じ状態になるので、頭の中を整理整頓して脳の働きを活発にし、代謝を上げる効果があります。

 

基礎代謝を上げるための条件をすべて満たせるヨガは、ぜひともダイエットに取り入れたい運動だと言えますね。

 

↓ ヨガの効果を実感したいなら、「LAVA」か「カルド」がオススメ。
敷居が低いので、体の固さや年齢を気にすることなくヨガを楽しめます。ダイエット効果の高いレッスンも多数開催しています。

■食事にも気を付ける

いくらヨガを頑張って基礎代謝を上げても痩せないとしたら、それは、食べすぎだからです。
摂取カロリーを消費カロリーより少なくするのは、ダイエットの鉄板の法則です。

ですが、やみくもに食事制限して摂取カロリーを減らそうとすると、体を壊す可能性があります。
健康的に痩せるためには、食べるものを見直す必要があるかもしれません。

ダイエットを成功させるコツは、食べたいと思ったら、それを本当に食べたいのかをあなたの「腸」に聞いてみることです。
疲れたりストレスが溜まると、脳は「甘いものが食べたい」「パンが食べたい」という欲求を出しますが、腸はそんなに糖類を欲していません。
実際に疲れを取ったり、ストレスを解消するためには、甘いものだけではなく、ビタミンやたんぱく質など糖類以外の栄養素が必要だという事を、腸は知っているのです。

脳は、意志薄弱ですぐ誘惑に負け、体に悪いことでも平気でやってしまいます。
いつも、腸が何を欲しがっているかに気付くようにして、砂糖や添加物満載の加工食品を摂らないようになると、体は良い方向に変わってきます。体が疲れにくく、軽くなり、スッキリと痩せてくることでしょう。

そしていつの間にか、お菓子やジャンクフードを食べたくなくなっていると思います。
「腸に聞くダイエット」、ぜひ試してみてください。

もう一つ、ダイエットのアドバイスがあります。
筆者が、冷え性を改善したくてホットヨガLAVAに通っていた時、ダイエット目的で通っている人が、LAVAで販売している酵素ドリンクを食事の代わりに飲んでいました。
試飲させてもらいましたが、味は飲みやすくスムージーのような飲み心地で、手軽に体に必要な栄養素を摂取できるので、ヨガの前後の食事の置き換えに良いと感じました。

ダイエット中の食事は、時々、そういうドリンク類で軽く済ますのも一つの方法です。